FXというのは、為替取引になります。日本語で言えばFXとは外国為替証拠金取引のことであり、最近では主婦の人もスキマ時間などにやっているということがあったりしてます。日本人の主婦の人がFXをやっている時間というので特殊な名前を付けられていたりというようなこともあったりするくらいです。
途轍もなく儲かる可能性があるもののは確かですが、為替の動きというのは当然ではありますが毎日何倍も動くというわけではないです。例えばですが、1ドルが100円から101円になったところで100万円にしていたとしても1万円の利益ということになります。日当という意味合いで副業的なこととして1万円というのは大きいことになりますが極端に大きいものではないと思えることでしょう。
ではどうしてFXでは大きな利益が期待できるのか、といえばレバレッジというのをFXに設定することができるからです。要するに信用取引であり例えば20倍のレバレッジをかけている場合自己資金が100万円であれば2000万円の取引ができるということになります。前述の例でいえば自己資金では1万円の利益であったのが20万円の利益になります。
より正確に言えばFXにも手数料云々がかかることになりますからそこまで単純にそういう利益ができるというわけではないのですが基本的には考え方としてはこれで全く問題がないです。
しかし、このFXのレバレッジには規制があります。あくまで日本のFX規制とはなっているわけですが、レバレッジは25倍までになっています。あまりにも投機性が強すぎるということでかなり限定されてきているというのは間違いないのですがまだまだネットのちょっとした副業あるいはビジネスの一つとしてFXには可能性があります。
何しろ世界中に市場があると言っても過言ではなく24時間取引が行われているということになります。
ですから絶対にやってはいけないことというのが基本的に一つあります。それは持ち越すということです。目を離すというのが一番やってはいけないことになりますのでもしFXをしようというのであればどうしても副業的に行いスキマ時間でやるということになるので持ち越しもしなければならないということがあるのであれば、この金額以下になった場合強制的にロスカットを行う、ということを明確に決めておくことです。自動的にそれをやってもらえるということができるようなシステムになっていますからその点はそこまで心配することないです。